ネガティブデバイス

お酢とタルタルソースが好きです

善悪のサイクル

久しぶりに新幹線に乗り、祖父母の家へと向かう。

スピーディーなタイムマシンは塩尻へ向かう。


普段電車に乗るときは、音楽聴いてたりスマホをいじってたりと、勝手に忙しなく暇を持て余しているが、たまのこんな日はイヤホンを外してスマホもカバンにしまうと、待合室での人間観察の面白さが身に染みる。


国籍も把握できない、BRAHMANのバンTを着た外人

絶対良いやつ


落ち着きのない子どもに、愛の感じない言葉を浴びせる母親と祖母

この親にしてこの子あり


下の中同士の見た目で、お似合いなカップル

待合室でこれから始まるGWを一番楽しみにしてそうで、一番輝いている



そんな中少し離れて、一席だけ空いているところに老夫婦の奥さんが座る。

すると咄嗟に横の青年が席を進めるが、混雑している待合室の中、老夫婦も申し訳なさそうに躊躇している。


近くの席はすぐに空いた。

青年の親切は誰をも救った。



かと思ったらその青年、今度は赤ちゃんを抱いている女性に席を譲った。

そして近くの席がまた空き、また誰もが救われた。



「情けは人の為ならず」を、数分間で見事に体現するこの青年。

GWに浮かれて気分で席を譲ったのではなく、日頃からこういった親切を心掛けているのだと思う。

たまの親切で偶然近くの席が空いて誰もがハッピーなんだとしたら、幸せを使い果たしてこの後老夫婦か青年のどちらかが死ぬであろうサクセスストーリーが眼に浮かぶ。


日頃から良いことをしてる人は、日頃からコツコツと善徳を積み立てて、その見返りが利息付きで与えられ、気持ちに余裕が出来てまた善徳を積む。

永久機関だ。善人の完成だ。


どこかで自分が変わらないと、悪人は悪人のままだし、ブスはブスのままだ。

人当たりの良さそうな好青年。別に偉人とか英雄じゃなくても、こういった身近な人を尊敬して、自分自身を振り返り生きていってもありなんじゃないかと思った旅だった。



BRAHMANのTシャツ着てた外人は日本語ペラペラだった。



せめて人並みに

ブログが二日連続で更新されたのは、決して暇だからというわけではない。


部屋の片付けをしようと決意して、12時間が経った。



12時間が経った。



自分で二度書いてゾッとするものがあるが、たかだか片付けだったからブログにできるわけで。


例えばこれが、朝食を食べようと決意して12時間が経っているならそれは夜食になってしまうし、徹子の部屋を見ようと決意して12時間が経っているなら君は探偵ナイトスクープを見ることになる。


片付けを決意して何もしなかったわけではない。

自分なりには動いたつもりだ。結果部屋は片付かなかったが。


とりあえずタバコに火をつけiPhoneSafariを開き「片付け_コツ」と検索をかける。

すると情報が出るわ出るわ。

調べて行くとこれが面白い。

例えば「服」を片付けるコツ。

スティーブ・ジョブズやバラクオバマは、同じ色・系統の服しか持たないという。

その理由に、人間が1日(24時間)で使える決断に費やすエネルギーは決まっており、服を選ぶ時もまたそのエネルギーが浪費されている。

そこに費やすエネルギーを、他の部分に注げるように彼らは数々の服を持たないそうだ。

だから服はたくさん持っていても何も良いことはないから、最低限の服を持つ事を心掛けるべきなのだ。


こんな事皆さん知ってましたか?

僕は知らなかったです。


こうして、また新たなトリビアが生まれて僕の1日は終わりました。



始まっていた3連休

無くしていた物の置き場所を思い出したように久しぶりにログインをすると、今月の閲覧数が3、今日のログイン数が1。自分が忘れていたものを誰が見たのか気になり恥ずかしいやら嬉しいやら。


友人宅から家に戻る途中に、世間はGWに入っており、前日が一日目であったことに気付いた。

一瞬、一日を無駄にした後悔に駆られたが、昨日は仕事をして夜から美味しいものを食べ、楽しい人達と飲み、後悔する理由が見つからなかった。知らぬ間にGWを満喫していたことに気付き、焦りは安堵に変わった。



前日は直接の関わり(例えば幼馴染だとか学校が一緒とか)では無いのに、会えばいつも笑顔で「いてて楽」と口にしてくれる後輩と銭湯に行き、彼の地元で飲んだ。

彼は地元に知り合いがたくさんいて、道行く人と挨拶をしたりして、ここが彼のホームであることを体現している。そんな後輩を持てて、ビジターなのに自分も何か誇らしい。


飲みながら、昔お世話になった教授に言われたことを話した。


「絶望的な状況になっても、必ず誰かに助けらる」


言われた時はピンとこなかったが、7年経った今でもこの言葉は自分の中に確かに存在している。自分の辞書の例文、見出しを張れるほどに胸に刻んでいる。

学校、バンド、仕事、遊び、あらゆる面で必ず誰かが救ってくれて、支えてくれて、今の自分がある。

人は一人では行きていけないと真に思う的な話を、酔ってついしてしまった。

そこから彼も、誰にも打ち明けていない事を話してくれたり、よく行くお店を教えてくれて、コミュ障な自分を受け入れてくれる人々と仲良くなったり。

嫌なこともその時は忘れて、年甲斐もなく久しぶりのオールは本当に楽しい時間だった。


後輩と仲がいいのは、僕と彼の波長があうからだと思っていたが、本当は彼の波長が僕の波長に合わせてくれたんただと思う。

合わしてくれない人とは仲良くなれないとか、そういった事を言いたいんじゃ無い。

合わせてくれた彼が、「一緒にいてて楽」だと、年上に躊躇いなく言ってくれる。それがただ幸せで、またこうやって、誰かに救われている事を実感できる。


残りの二日は、コミュ障だから一人で、1日目の余韻を感じながら過ごそうと思う。


気は確かか?

なんやかんや就職して半年以上が経った。


これだけの月日があると、毎日毎日面白い話や不思議な話で満たされているが、そのほとんどが記憶のインプットから外れてしまうのがアスペの悲しい性である。


そんな中でも、ここ数年先は忘れないであろう衝撃的な事件が起きた。



日々の中で訪れる見送り降園の時間。

保護者が迎えに来て雑談して、園児にバイバイするアレ。

話し下手な僕は、毎日その日の出来事を振り絞って保護者と会話をするのだが、ある保護者からこんな質問をされた。



羽生結弦くんに似てるって言われたことありませんか?」


その瞬間僕の脳はパニックを起こした。

あの氷上の貴公子を、お母さんはどう僕に重ね合わせているのか。

何故重ね合わせられるのか。


そのお母さんもお喋りなタイプでは無いため、何かしら勇気を振り絞って聞いてくれたことは、雰囲気や様子を見て即座に察することが出来た。

そんな振り絞った勇気に対して、何か応えなければと、一生懸命に振り絞って口から出た答えが


「いろんな人からぶっ叩かれますよ(笑)」


その瞬間やってしまったという罪悪感に心は満たされた。

我が子を預けられている保育者として、人として、超えてはいけないラインの答えを出してしまった。

その罪悪感から、この出来事は僕の心の枷としてしばらく記憶に残った。



そこからしばらくして、昼食を職員室で頂いている時、普段あまり話さないリーダー格の先生が僕を見つめながらこう言った。


羽生結弦くんに似てるよね」



またか。


prince of Iceの名に対して落胆しているような表現は非常にいたたまれないが、いざ自分が釣り合わない人間と似ていると二度も言われると、喜びすら感じなくなる。


喜びは確かに無い。

たが、二度も羽生結弦似と言われたその時、疑いは疑心暗鬼に変わる。

自分は本当に似ているのでは無いだろうか

否定している自分の心が間違っているのではないだろうか。

思えば大学時代は「口元が二宮くんに似てるね」と言われた事もある。

可能性は0では無いのかもしれない。


自分の気持ちに嘘はつけなくなる。

そして、その疑心暗鬼を確実なものにしたいという人間の業は愚かにも溢れてくる。

この気持ちを自分の中で確かなものにしたい。



先日、旧友と久しぶりに呑みに行った際に、思いを確かなものにすべく彼に問いた


羽生結弦に似ているって言われたんやけど、どの辺が似てる?」


彼は表情筋を一切動かす事なくこう行った。



「呑み過ぎてる?気は確かか?」



フリーター、宇宙を感じる

原付を走らせながら銀行へ向かう道中、前々から引っかかっていたことが頭の中でぐるぐるって回ってリフレインに入り、思慮を巡らされる。

それは喉に引っかかった魚の小骨の如く、なかなか解消されない。


--------------------


バイト先の学生が話しかけてくる。


「淺田さん、面白い話があるんですけどね。」


「なになに?」


「友達のバイト先に、淺田さんと同じ年齢のニートがいてまして(ry」



待て待て。

勘弁してくれ。

イントロからなんだ、そのキャッチーでポップなフレーズは。

こいつはニートの定義を知っての発言なのか知らずの発言なのか。

いや、こんな至近距離で小刀をぶすりと刺してくるような奴ではない。

さらに惜しいことにそのフレーズから先の面白い話が頭に入ってこない。


その悪意のない悪口は矢の返しが鋭く、肉と言う名のプライドをグリグリ抉りながらなかなか抜き捨てられないものとなった。


--------------------


そんなことを考えながら銀行に着くも、駐輪場は満車で仕方なく歩道に少しはみ出して駐車する。

ネガティヴな思考に染まっている時は決まって、ついていない事象が平行する。


話を戻すがはっきり言えることは、自分はニートではなくフリーターだ。

さらに強がりを言うと、バイトではなく辛うじて契約社員の立場である。

バイトと正社員の中間的立場で月単位の労働時間以上は定められ、他店にヘルプにも行っている。

ましてや給料から月々3万近くの各種保険が差し引かれてもいる正直厳しい環境に身を置いている。


ニートとは「十五歳から三十四歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者。」を定義としているが、就業はしているし、一応一人暮らしなので身の回りの家事だってしている。


そりゃニート生活は理想の1つではあるが叶う願望ではない故に、就業する気のない怠惰な人生を送っているわけではない。

なのにニートとはなんたる言い回しだ。




と、



仮にいくら力説したところで相手は学生。

社会的地位でニート<フリーターをいくら力説しようがフリーター<学生の社会的地位が揺らぐこともなく、「なに熱く必死に語ってんだこいつ」と、造作無くあしらわれるのも目に見えているので考えることをやめた。



用事を終えバイクに戻る途中、遠巻きになにやら黄色と赤の張り紙が目に入る。

確認するより先に、確信を得た。


駐禁だ。


ネガティヴな考えに浸っている時に、神も仏もないものなのか。


出頭命令を放置するわけにもいかないので、警察に行かざるを得ない。

最寄りの警察に行き、顔に生気のない警官に事情を話す。

そこから長時間にわたる尋問が始まる。

名前、住所、生年月日等聞かれ、次にこう問われた。


「ご職業は?」


捻くれた自分は「飲食業」と答えるも、もちろん警官もそんな回答を期待しているわけでもなく


「正社員?」


と重ねて質問をしてくる。


「フリーターです。」


ありのままに答えたのち、警官はしかめっ面で少し間を置き「無職」の欄に丸をつけた。


宇宙の真理を、その瞬間僕は目の当たりにした。


耳をすましたら死ぬ

月に一度、実家にフラっと帰る。

今日もまた用事があり実家に帰ると、母がテレビを見ていた。


耳をすませば


これを1人平然とした顔で見ている母に畏怖した。

なぜなら僕はこの映画に対して、思春期時に植え付けられた劣悪なイメージが今では化け物のような姿まで肥大化してしまい、1人で見ようものならその瞬間青春の権化に喰い殺されるのではないだろうかと恐怖心を抱いているからである。


調べたところ、耳をすませばを見た大人の7割が「耳すま症候群」に悩まされるらしい。

中学生のピュアな恋愛を、大人になった今ではもう経験できないことから、憂鬱な気分に苛まれるという。



いやまて。



それを踏まえると、大人になっても恋愛ができない人間の気持ちはどうなる。

そこに待つのは精神の自閉か、はたまた感情の死か。

そういった人達の、どうにも昇華のしようがない言葉を多感であった時期に鵜呑みにしてしまったせいで、まともにこの映画を観れない。もう12年も。



母が映画を見る傍らで雑炊をすすりながら映画をチラチラ見ているが、いや待て、以外と見れるかもしれない。

少し思うが、だんだん気付く。

見れる見れないは、もう映画の本質がどうこうという問題ではない。

大人になった自分に思春期の時の自分が、見てはいけないと叫び抑止してくる。

抗うこともできず、用もないのにとりあえずトイレに入る。

セラミックの便座が冷たい。

その瞬間、過去に何度か耳をすまそうとした記憶が蘇る。

しかしその度に僕は青春の権化に立ち向かう勇気を示すことができなかった。


僕は死ぬまでこの青春のラスボスに打ち勝てず、正規ルートのクリア画面を目の当たりにできないのだろう。

裏ルートの「猫の恩返し」は何度もクリアしているのに。


人として軸がブレている

思い返せば物心ついた時から今まで、極めたと胸を張って言える何かが無い。


何ひとつ無い。


幼稚園から高校までの間、何かと習い事をさせてもらっていたが、水泳、サッカー、剣道、等々、芽すら生えずに断念している。

これは親に口が裂けても言えないが、剣道に関しては中学から始めたものの半年ほどでサボってゲーセンに通い詰めるようになってしまい断念している。

そのゲームも、2.3年通って特別上手くなったわけでもないし、学生が使えるお金もたかが知れていて限界がある。


スポーツも勉強もできず、お金もない。

そんな悶々としていた中学三年生の時にベースをはじめることになる。

その経緯はまた別で書き起こすとして、これも手に入れてから数年、特別大した練習もしていなかった。


しかしゲーセンとは違い、楽器は買ってしまえばお金がかからず楽しめる。

当時から、僕の友達といえばインターネットだった事も功を得て、暇な時にYouTubeやブログでベースに関する情報や技術を漁り、理論武装したつもりでいた。


大学に入学した僕は、迷う事なく音楽サークルに入会。

しかし理論武装しただけのベーシストは脆い。

音楽サークルが無かった中学高校の時とは違い、経験者がいる世界の現実を叩きつけられた。


これはまずいと、そこからそれなりの練習をして付け焼き刃なりのベーシストにはなったが、2年後、ハマオカモトとフリーを足して5で割ったくらいのベース経験者が入部してきて、向上心は無くなった。

付け焼き刃で磨いたベーシストは脆い。


そこから悪く言えば自暴自棄、良く言えば視野が広がり、ドラムとギターに手を出した。

親友のインターネット君に色々教えてもらい、どれも初心者からは抜け出せるレベルにはなれたと思う。


この、手の出し方の流れが、冒頭での幼稚園から高校生までの習い事に酷似している。


結局サークル卒業時、後輩からつけられたあだ名が


「器用貧乏」


後にも先にも、ここまで的を射た悪口は付けられたことがないが、当時はこれを褒め言葉だと捉えていた。


本当に、褒め言葉だと勘違いしていた。


ここから器用貧乏に磨きがかかり、カホンとDJを始める。

ついでにカズーも始めちゃう。

言い忘れていたが大学生の間に、キーボードも手にしている。

DJを始めた頃に、そろそろ青いロボットと今よりもっといい年になった自分が未来からやってきて、「いい加減にしろ」と説教されるんではなかろうかとも少し思ったが、器用貧乏は止まらない。


昨年にはビートボックスの練習をしたり、ラップで曲を3曲使ったり、もはや楽器の枠を逸脱してしまっている。


先週は、いつの間にかAmazonでポチっていた「ディジュリドゥ」が届いてしまった。


言わずもがな察しては貰っているだろうが、どれも大成していない。


余談ではあるがガラクタルームが決まった時、学生時の腕前のままでは流石にマズいと、目標を立てながらコツコツと練習をしていたが、ゆーまのベースに対する異常愛を目の当たりにし、向上心は無くなった。

ベースを性的な目で見られないベーシストは脆い。



話はそれたが結局、ベースやギターやエフェクター、その他の楽器にいくら費やされたのかを考えるのもおぞましいほどに手を出して来た。

今ある話がうまく進めば、そろそろ自前のベースヘッドとキャビが手に入る。


極まるのは器用貧乏の名ばかり。


最後になったが、これは未来の自分に向けたブログである。

早く未来から来てくれ。

これ以上だと手遅れになってしまうぞ。