あの上司僕がキレ散らかしたらどんな顔するだろう

岡村靖幸の「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」文字変えてタイトルにしやすい説。



今回は温厚の代名詞と言われている僕が唐突に思ったこと。


飲食店で働いてるんですが、なんで上司(先輩)って忙しくなったらすぐキレるのかなと。


もちろん全ての上司がキレてるわけではないし、忙しい中で動きが遅い人がいたり、僕も日常生活でキレることもあるので、そりゃあ理由は多々あると思うから反論したいわけではないんですが



キレるメリットってなんなんですかね?



僕は容量が悪い方なので、研修の時は先輩に怒られた経験が多々ありまして。

仕事ってそういうもんなんだろうなって、ずっと思いながら働いてました。


何年かして後輩ができた時に、猛烈なピークに襲われ皆が我を忘れている中


「忙しすぎるやろ!!ヒャッハー!!」


みたいに吹っ切れてる姿を後輩が僕に見せてきたんです。

そいつが長嶋です。


同じ状況で今まで先輩が

「そこどいて!」

「早く運んで!」

「レジ早く行って!」

ってなってたのに、同じ環境で笑ってる後輩を見て、僕はキレない先輩になろうと思い立ったわけです。

それ見て「なんか分からんけど頑張ろう」って気持ちになったんで。


最近見たCMで

人は楽しいから笑うんじゃない、笑うから楽しいんだ

ってフレーズが引っかかってて


聞く人が聞いたら宗教チックというか、自己啓発に近いものと捉えられそうだけど、実際それを体験してる身からするとなるほどなど思ってしまう。



キレたところでピークは収まらないわけで


それならピークが収まるまで吹っ切れてた方が皆で頑張って乗り切れるってのが理に適ってるはず


だからどれだけ追い込まれても、絶対他人にはキレない。


上から「あいつイエスマンやから使いやすい」

下から「あいつ怒らんからチョロい」

ってのも何人かいてるのも薄々気付いてますけどね。



って思いながら何年か経った今、追い込まれたら自分にキレるようになってしまって、結局後輩から「あいつピークになったらヤバい」って囁かれてる話を最近聞かされました。


キレちゃダメ。