読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーター、宇宙を感じる

原付を走らせながら銀行へ向かう道中、前々から引っかかっていたことが頭の中でぐるぐるって回ってリフレインに入り、思慮を巡らされる。

それは喉に引っかかった魚の小骨の如く、なかなか解消されない。


--------------------


バイト先の学生が話しかけてくる。


「淺田さん、面白い話があるんですけどね。」


「なになに?」


「友達のバイト先に、淺田さんと同じ年齢のニートがいてまして(ry」



待て待て。

勘弁してくれ。

イントロからなんだ、そのキャッチーでポップなフレーズは。

こいつはニートの定義を知っての発言なのか知らずの発言なのか。

いや、こんな至近距離で小刀をぶすりと刺してくるような奴ではない。

さらに惜しいことにそのフレーズから先の面白い話が頭に入ってこない。


その悪意のない悪口は矢の返しが鋭く、肉と言う名のプライドをグリグリ抉りながらなかなか抜き捨てられないものとなった。


--------------------


そんなことを考えながら銀行に着くも、駐輪場は満車で仕方なく歩道に少しはみ出して駐車する。

ネガティヴな思考に染まっている時は決まって、ついていない事象が平行する。


話を戻すがはっきり言えることは、自分はニートではなくフリーターだ。

さらに強がりを言うと、バイトではなく辛うじて契約社員の立場である。

バイトと正社員の中間的立場で月単位の労働時間以上は定められ、他店にヘルプにも行っている。

ましてや給料から月々3万近くの各種保険が差し引かれてもいる正直厳しい環境に身を置いている。


ニートとは「十五歳から三十四歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者。」を定義としているが、就業はしているし、一応一人暮らしなので身の回りの家事だってしている。


そりゃニート生活は理想の1つではあるが叶う願望ではない故に、就業する気のない怠惰な人生を送っているわけではない。

なのにニートとはなんたる言い回しだ。




と、



仮にいくら力説したところで相手は学生。

社会的地位でニート<フリーターをいくら力説しようがフリーター<学生の社会的地位が揺らぐこともなく、「なに熱く必死に語ってんだこいつ」と、造作無くあしらわれるのも目に見えているので考えることをやめた。



用事を終えバイクに戻る途中、遠巻きになにやら黄色と赤の張り紙が目に入る。

確認するより先に、確信を得た。


駐禁だ。


ネガティヴな考えに浸っている時に、神も仏もないものなのか。


出頭命令を放置するわけにもいかないので、警察に行かざるを得ない。

最寄りの警察に行き、顔に生気のない警官に事情を話す。

そこから長時間にわたる尋問が始まる。

名前、住所、生年月日等聞かれ、次にこう問われた。


「ご職業は?」


捻くれた自分は「飲食業」と答えるも、もちろん警官もそんな回答を期待しているわけでもなく


「正社員?」


と重ねて質問をしてくる。


「フリーターです。」


ありのままに答えたのち、警官はしかめっ面で少し間を置き「無職」の欄に丸をつけた。


宇宙の真理を、その瞬間僕は目の当たりにした。